ほんの少し話しただけなのに・・・

 

 

 

一方的に好意を寄せられる・・・

 

 

 

なんだか距離感がなくて嫌だな・・・と疎遠にしていたら変なメールが来たり、家までついてくるようになった。

 

 

 

 

そんなつきまといに悩まされている人も多いでしょう。
そこで今回は悩める「A子さん」の話を聞きながら対策のやり方を考えていきます。

 

【つきまといの対策は早めが肝心。同級生が怖い……A子の場合】


A子A子

いや~っ!また来てる!!


B子B子

どうしたの?


A子A子

これ見て……やばくない?

今日はバイトお疲れさま ^^) _旦~~
そういや新しいスカートだったね?かわいー
Aちゃんは何でも似合うからいいね(^^♪
ちなみにその服買った店俺もよく行くよ(≧∀≦)

B子B子

顔文字うざい!
それよりそんなLINEするほどCと仲良かった?ゼミで一緒だったけど一緒なだけでそんな話さなかったよね?


A子A子

それが……前に偶然イベントで再会して声かけられたんだよね~
で、C君Twitterやってるっていうから「私も~」って答えちゃって。そしたらアカウント教えないわけにいかないじゃない?


B子B子

で、教えたと?そこから距離ナシのクソリプ祭りが始まったと?


A子A子

笑いごとじゃないよ~確かに教えた私も悪かったけど……
いや、最初はわりとまともだったよ。でも普通Twitterで全部に返信とかいらなくない?だってあの人「疲れたなー」みたいな一行ツイートにも「俺も俺も!」みたいな返ししてくるし、かといってあっちは有名人のリツイートばかりで面白い発信してるわけじゃないし、そもそもそんな友達じゃないし……
それで、しばらく無視してたらいつの間にかLINE知られてるし、なんか
これ見たら行動監視されてるっぽい……


B子B子

え?え??「ぽい」じゃない!確実にされてるから!
だってこれ店までついてきてるし、バイト先把握されてない?
誰がどう見てもストーカーだって!このまま放置してたら絶対なんかされるよ!


A子A子

「なんか」って何……?

B子B子

殺人とか?ほら昔あの事件あったじゃない!

 

 

 

【解説:つきまといがストーカーとなり傷害・殺人事件に発展するケース】


1999年に起きた「桶川ストーカー殺人事件」をはじめ、ストーカー殺人は繰り返されています。2016年に警察へ寄せられたストーカー(つきまとい)についての相談件数は2,586件、うち検挙された件数は151件と警視庁のデータには出ています。
数字としては増加傾向ではありますが、相談数にしては少ないと感じませんか?これはほんの「氷山の一角」だからです。実際はストーカー(つきまとい)への恐怖と何をしていいか分からないため誰にも相談できない方がずっと多いのです。

そうこうしているうちに、つきまといをする人は自身の思い込みから行為をエスカレートさせていきます。またストーカーになるような性質の人は往々にして支配欲が強いため、徐々に被害者に対して束縛や監視をしてきます。さらに被害者を脅迫し、誰にも相談できない孤立状態に追い込むのです。これが交際関係にあったりするとDV、別れた後なども被害者を完全にコントロールしているという慢心から、つきまといや嫌がらせから暴行などにエスカレートしやすい傾向にあります。最悪の場合は殺人に発展することがあります。

【桶川ストーカー殺人事件】

1999年10月26日、埼玉県桶川市のJR駅前で当時大学生だった女性が刺殺されるという事件が起きました。犯人は被害者の元交際相手が雇った男。
事件の発端は、被害者が交際相手Aのプレゼントを断ったことに始まっています。Aは氏名・年齢・そして闇稼業の身分を偽り、被害者に近づき交際を始めました。Aは羽振りがよく、被害者に高価な洋服やブランド物をプレゼントしたようです。それを負担に感じた被害者が受け取りを拒否したところからAのつきまといが始まりました。
度重なる盗聴や束縛に恐怖を感じた被害者は、警察に相談するも何かと理由をつけて対応してもらえず、そのうちにAの行為はエスカレート。複数人で誹謗中傷のビラをまいたり、家族をリストラさせると脅迫したり、自宅に車で乗りつけるなどされるなどしました。さらに別れ話を切り出したことからAが逆上。最終的には白昼の駅前で殺害される事態になったのです。

なおこの事件は警察のストーカーに関する認識の薄さや、管轄署自体の怠慢なども問題になりました。2000年に「ストーカー規制法」が施行されたのはこの桶川の事件がきっかけと言われています。

 

 

【なぜつきまといは暴走するのか】

なぜつきまといは自身の嫌がらせ行為をエスカレートさせていくのでしょうか。

 

これはつきまとい(ストーカー)になりやすい人の性格傾向や、ストーキングの心理状態に理由があります。

ストーカー・つきまといになりやすい人とされやすい人の特徴

まずストーカーになりやすい性格を一言でいうと「自己愛の強い完璧主義者」です。

 

彼らは実は何より自分、というより自分のプライドを一番大切にしている傾向があります。

 

そういった人は、自分が好意を寄せた相手に拒絶されることを許せません。しかも彼らは完璧主義で同時に思い込みも強いため、相手のちょっとしたしぐさも自分への反応と受け取ります。

 

拒絶にしろ好意にしろ大げさに受け取ってしまううえに、完璧主義者なので相手を完全に支配しないと気が済まなくなるようです。また自己中心的なので相手の心情やモラルよりも自分の欲望を優先させます。

 

 

また、あなたがつきまといに対して、いつのまにか、してはいけないことをしている可能性もあります。
つきまといに対して、してはいけないこと

 

さらにストーキングがエスカレートしてくると、独特の心理状態になってくるそうです。

 

 

あるドキュメンタリー番組で紹介された当事者によると、

 

 

 

 

「自分の所有物が勝手に出ていった、奪還してやる」

 

 

 

 

 

「自分だけが裏切られた」

 

 

 

 

「もっと自分の気持ちを分かってほしい、分からないのなら分からせてやると思って余計に相手を追い詰めたくなる」……といった心理になるようです。

 

 

 

また行為がエスカレートしてくると視野が狭くなり、「目的を果たす」という思考しかなくなるため、相手がまるで人形のような目標物にしか見えなくなるとのこと。そうなると傷害や殺人へのハードルも低くなっていくのでしょう。

 

 

 

A子A子

こわいね……


B子B子

え、その反応?ちょっとのんびりしすぎじゃない?
そうだよ、だから今のうちに対策するの!


A子A子

でもどうやって?つきまといをする人って下手にかまうと「もしかして俺のこと
好き?」とか言うんでしょ……無理だぁ……


B子B子

そりゃそうよ。でも一人でストーカーと話をつけるのは絶対ダメ!
Aは雰囲気に流されやすいから、情に訴えられると言いなりになりそうだし。それに監視とかしてる時点ですでに相当ためこんでると思うの。
それこそ「俺のことを好きなはず」なのにとか、避けられてる怒りとか色々。だから下手なこと言うとキレて何するか分からないよ?そんな時に一人だったら逃げられなくない?
あ、そういえば「思い込みで突然キレる」の、ストーカーに多い特徴なんだって。


A子A子

あ……わかる。C君って前に教室で「机の位置を変えるな!」ってキレ
たことあったよね?なんか自分の定位置があったらしいけど、聞いてないしそんな決まりないし知るかって話だよね?
じゃあ絶対キレられるよね……もうこうなったら思い切って警察に相談した方がいいのかなぁ?


B子B子

え、その反応?ちょっとのんびりしすぎじゃない?
そうだよ、だから今のうちに対策するの!


A子A子

でもどうやって?つきまといをする人って下手にかまうと「もしかして俺のこと
好き?」とか言うんでしょ……無理だぁ……


B子B子

うーん、実はそれも微妙だな~


A子A子

え?警察ダメ?やっぱり動いてくれないの?


B子B子

いや、動かないことはないしメリットはちゃんとあるけどね。
でもいきなり通報するのはちょっとおすすめできないわ。

 

 

 

 

【解説:ストーカーに対策として警察にできること】

ストーカー・つきまといに悩まされている人が真っ先に想定する対策として「警察への通報」が考えられます。

 

 

 

しかし場合によっては思うように対応されなかったり、ストーカーやつきまといの怒りを買って犯行がエスカレートすることがありますので、以下を参考にご自身の状況に合った対策を考えましょう。

【警察は何をしてくれるの?】

 

・相談に乗ってくれてアドバイスをもらえる
・法に基づいた対処をしてくれる
・ストーカー(つきまとい)への抑止力になる

 

ストーカーの被害者に対してまず警察ができることは「相談に乗ること」

 

それだけ?とがっかりされるかも知れませんが、ストーカーがつきまといや迷惑メールなどをしつこく送ってくるといった段階では、実際の「事件」にはなっていないことが多いでしょう。極端な表現をすると単に迷惑なだけで実害はない、ということです。

 

大きな事件に発展する前に第三者に相談するのは大事なことです。

 

早い段階で警察に相談すれば、自宅周辺の見回り強化、防犯グッズの貸し出しなどの対応をしてくれるなどの対策をしてくれるでしょう。

 

 

また「110番緊急通報システム」に登録することもできるようになります。110番緊急通報システムは、氏名や住所・電話番号と被害の内容を事前に登録することで、緊急時にすぐかけつけてくれるシステムのこと。緊急時に事件の状況を説明する必要がなく、番号を発信するだけなのでより安全に通報できるというものです。

 

 

こうした対処をしていることで被害者にとっても安心につながりますし、またストーカー・つきまといにとっても警察が動いていることで、大きな犯行への抑止力になる場合があります。

 

 

ストーカーが初期段階もしくは気の弱いタイプなら、周辺に警察がいるというだけでつきまといが収まることもあります。その他、警察が行えるストーカー・つきまといの対策は以下の通りです。

 

 

  • 被害届の提出、刑事告訴など法的対処
  • ストーカー・つきまといへの具体的な警告
  • 住民基本台帳などの閲覧制限
  • 110番緊急通報システムへの登録
  • 自宅周辺のパトロール
  • 防犯知識のレクチャー
  • 防犯グッズの貸し出し

 

【被害届の提出、刑事告訴】
「ストーカーやつきまといが悪質な嫌がらせをしている」という明確な証拠があれば被害届を出すことができます。また証拠が提出できなくても、近年は悪質な行為の現場を押さえることで逮捕に結びつくケースもあります。
一般的にストーカー・つきまといの対策として警察が動く際は「ストーカー規制法」に則って判断されます。そのためには相手がストーカーの定義に合っているかなどの条件が必要になりますが、そうでなくとも刑法による犯罪としても逮捕できます。ストーカーがよく起こす刑法違反としては、住居侵入罪、脅迫罪、逮捕・監禁罪、信書開封罪、名誉棄損罪などが挙げられ、検挙率も高くなっているようです。また被害届も以前より受理されやすくなっていることから、ストーカーへの取り締まりは昔ほど雑ではないという見解もあるようです。

 

【ストーカーへの具体的な警告】
「ストーカー規制法」に適用によって警察から直接ストーカーに対して警告ができるほか、それでも接触行為をやめない場合は、都道府県の公安委員会による禁止命令が出されるため、ストーカーが近づけなくなります。
ただしこれはあくまで書面または口頭による警告または命令です。これはストーカーが受け取りや着信の拒否をしても、発信した時点で効力を発するものです。とはいえ警告または禁止命令はあくまで行政処分であり、刑事事件として立件・逮捕できる段階ではありません。
また警告の段階ではストーカーにも弁明の機会を設けるとのことです。

 

【住民基本台帳の閲覧制限】
ストーカー(つきまとい)対策で引っ越しなどをした場合は特に、新しい住所を知られないようにすることは大切です。しかし何らかの方法で住民票を手に入れられてしまったらおしまいです。現在そういった情報を得るには、個人情報保護の観点から誰でも住民票などをとれるわけではなく、限られた人が一定の手続きと役所の承認で「住民基本台帳」の写しを閲覧するという形になっています。
警察に相談すると、ストーカー規制法によってこの住民基本台帳そのものから被害者の情報が除外されることがあります。台帳に情報がないのですから、ストーカー(つきまとい)も個人情報を得ることができないというわけです。

 

【防犯グッズの貸し出し、周辺パトロールなどについて】
警察では防犯ブザーなどグッズの貸し出しをしています。しかしあくまで貸し出しであり、必ずしも被害や現場の状況に即したものではないので、防犯グッズに関しては自分で買ったり、警備会社などに相談した方がいいという意見もあります。
また、自宅周辺のパトロールもしてくれることがありますが、管轄署によって対応がまちまちだったりという話もありますが、尾行などをしてくるタイプのストーカーにはある程度有効であり、ストーカーに限らず、パトロール中の警官は不審者に対して職務質問をするので、被害者と面識がなく素性の知れない人、例えばゲーム感覚でたまたま目についた人をストーキングする「他人タイプ」の犯人にも対応できるというメリットはあります。

 

【警察に通報することのメリット・デメリット】

ここで簡潔にまとめてみましょう。

  • 自宅周辺のパトロールをしてもらえる
  • 防犯グッズや知識を教えてもらえる
  • 法的に訴えることができる(刑法・ストーカー規制法)
  • 早い段階での抑止力になる(ただし悪質性の低いストーカーのみ)

 

これらが大まかなメリットですが、デメリットもまた大きいものです。
警察に相談することのデメリットとして、

  • ストーカー(つきまとい)が逆上することがある
  • 証拠がないと動いてくれない
  • 防犯グッズやパトロールの質など、管轄署の対応がまちまち

 

特に気をつけたいのは通報によってストーカー(つきまとい)を刺激してしまうことです。
ストーカー(つきまとい)になるような人は思い込みが強く、自分が触法行為をしているという自覚がありません。その状態で警察が動いているということを知ると「誰かが自分の邪魔をしている」と怒りに火をつけることになるでしょう。

 

ストーカー(つきまとい)になりやすい人はそもそもの性格が自分だけがかわいい他責傾向であり、自分のせいで問題が起きているとは捉えません。ですから必ず犯人探しをします。自分の行動の邪魔をした犯人を。
もしくは「自分がもっと見ていなければ」と感じるでしょう。そこからますます被害者への監視や嫌がらせなどがエスカレートしたり、怒りから傷害事件などに発展するおそれもあります。

 

 

また、ストーカー(つきまとい)として犯人を立件するには「ストーカー規制法」の条件を満たしていないといけません。ストーカー規制法でのストーカー(つきまとい)とは、同一の対象に繰り返して以下の行動をとる人のことを言います。

  • 住居や勤務先などでのつきまといや待ち伏せなど
  • 監視、監視している旨の告知
  • 面会や交際など義務のないことの強要
  • 著しく粗野、乱暴な言動
  • 無言電話、連続した電話、メール、SNSなどへの送信など
  • 汚物などの送付など
  • 名誉棄損に当たる行為
  • 性的羞恥心を害する行為(文書・画像等も含む)

もちろん刑法に触れるケースもありますが、警察は証拠がないと逮捕や処分ができないため、こういった被害があっても実際に見せられる証拠がない、ましてや犯人の素性が知れない「他人タイプ」のストーカー(つきまとい)では警察も動くのが遅くなってしまいますし、最初に証拠があった方が早くことが片付きます。

 

警察に相談するメリットはあるものの、どうしてもデメリットの方が大きいのが現実です。また証拠がないと徒労に終わってしまうことが多く、ストーカー対策の対応や質も管轄署によってまちまちで、望み通りとは限りません。

ですからいきなり警察に通報するのはあまりお勧めできないのです。

A子A子

そうか~警察よりもまず証拠集めかぁ……


B子B子

いちおう「警察に相談した」っていうのも警察の記録に残るから、
それも証拠としては使えなくはないみたいね。あとケガさせられたら診断書とか。それから何かもらったら写真を撮ったり、メールも日付が分かるように保存だって。


A子A子

じゃあLINEでもいいんだ。ID消さなくてよかった~


B子B子

ちなみにID消して逃げるのはかえって危険なんだって。
ストーカーのなかには連絡さえできればいいって人もいるらしいし、突然消えたら何するか分かんないから怖いらしいよ。


A子A子

そうなんだ~やった助かったかも……


B子B子

待って待って、なに終わった気になってんの?
これからが戦いなのよ、そうだ!まずは自衛しないとね。
じゃーん!防犯グッズの数々でーす!!


A子A子

いやいやなんで今持ってるの?もしかして??


B子B子

これ以上細かいことは気にしない!

 

 

【ストーカー・つきまといの対策として使える防犯グッズ】

被害はいつ起きるか分かりません。

 

 

警察に相談して周辺の見回りを強化してもらっても、110番緊急通報システムに登録しても間に合わない!ということがあります。

 

 

自分でも「いざという時」の自衛策をとっておきましょう。

【用途別・防犯グッズ】


ストーカー・つきまといの対策に必要なグッズは大まかに分けて3つあります。

 

ひとつは実際にストーカー(つきまとい)が接近してきて襲われた時、相手を威嚇したり危険を周囲に知らせるための道具です。これには防犯ブザースタンガン催涙ガスなどがあります。

 

もうひとつはストーカー(つきまとい)の行為を未然に防ぐものです。

 

これはメールがしつこいなど比較的軽度のストーカーに対して、これ以上エスカレートしないように手を打っていますよ、という警告を示すものです。

 

ダミーカメラなどがそれに当たります。

 

またストーカー(つきまとい)の侵入を防ぐ窓やドアの補助鍵もあります。

 

さらに実際の犯行に対して証拠をつかむためのグッズもあります。

 

 

盗聴器発見機録音機、または本物の防犯カメラなどがそれに当たります。

それでは実際にそれぞれのグッズのメリットやデメリット、実際に使用した人の感想などを紹介していきましょう。

 

防犯ブザー……操作は簡単だが、人が来なければ意味がない】
ひもを引っ張るだけで周囲に大きな音を出せる防犯ブザーは一番最初に取り入れたいグッズです。

しかしなかには作りが甘く、「置いただけでピンが抜けた」といったクレームや、思ったほど音が出ないものまであるのも事実です。

価格もまさに「ピンキリ」で300円程度からと、気軽に買えるのは魅力です。

 

防犯ブザーは自分が声を出すよりも何倍も大きな音で、しかも即時に危険を知らせることができるというメリットがあります。しかし逆に人のいない所では全く意味がありません。ですから人気のない場所や、犯行現場がかなりの田舎であるといった場合には効力を発揮しないことがあります。
さらにストーカー(つきまとい)が全くの見知らぬ人であった場合、ブザーを鳴らすことでどんな反撃をされるか分かりません。これは顔見知りの場合にも言えます。つきまといの範囲を超えて実際に暴行に及ぶということは、相手もかなり興奮しているはずです。こういった時に刺激的な行動は危険を招くことがあります。

また、最近の防犯ブザーは取り扱いも簡単で、バッグにつけても違和感ないどころかハートやてんとう虫などをかたどった可愛いデザインもあり、アクセサリー感覚でつけている人もいます。これはストーカーに遭った時に、犯行を知られないよう真っ先に奪われる危険性があります。

 

スタンガン……威力はあるが、ネットでは買いにくい】
スタンガンは電流を身体に流すことで、一時的に相手を動けなくする護身道具です。単に感電させるというより、瞬時に電気ショックを与えることで脳内の電気系統や神経に混乱を起こし動けなくさせるという仕組みだそうです。さらに使用時に火花を発するので威嚇にもなります。

スタンガンは神経や筋肉に直接作用するもので相当の威力があり、身体のどこに当ててもダメージを与えられるというメリットがあります。

一方、選び方や扱い方が難しく慣れが必要という意見もあります。威力のあるスタンガンは大抵大型(小さくてもタバコの箱程度)で重いため、バッグに入れるには煩わしいことがあります。
またスタンガンは表示されている電圧がそのまま威力に反映されるわけではなく、威力はあくまで電気ショックの度合いで決まるようです。携帯型やペンタイプもありますが、これも実際に使わないと威力が分からないようです。
以上の点から、購入の際は知識のある人と一緒に検討した方が確実です。スタンガンは人知れずネットで買うにはハードルが高いでしょう。

 

催涙ガス……風向き次第では自分がやられる】
催涙ガスや催涙スプレーの類は、5メートル程度の離れた相手にも効果を発します。スプレーはマスタードオイルや唐辛子などが成分として使われることが多いようです。犬やクマなど動物にも使えるものがあるため、登山など防犯用途ではない使い方をしている人もいます。
ある程度犯人と距離をとった状態でも使えるのがメリットですが、スプレーという性質上、屋外で使うと風向きによっては自分に降りかかってしまいます。緊急時に犯人を風下に誘導するなどほぼ不可能なので、そういった意味では使えないというデメリットはあります。
またある製品では「ストッパーがついておらず、何かの拍子にガスが漏れてしまう」といった低評価のレビューもありました。

 

ダミーカメラ……もう少し上乗せして本物を買った方がまし】
まだ具体的な犯行に及んでいないストーカーに「見てますよ」とアピールできるダミーカメラ。気の弱い犯人や、被害者に対してそれほど執着していないストーカー予備軍、あるいは身の危険を冒してまで犯行に及ぶ意味がないと判断した場合には「やめておこう」と思わせる力がなくはないでしょう。
このダミーカメラ、価格は300円から1000円程度と安いものもあり、取り付けも簡単だというメリットがあるため、本物の防犯カメラをつけるまでもないと考えているなら最適でしょう。

 

しかし価格帯の安いものは見た目も安っぽいため、すぐにダミーと気づかれるでしょう。また大手通販サイトでは、普通の防犯カメラでも5,000円程度から販売しています。これなら少し奮発して本物を買った方がよさそうです。

 

  • 防犯カメラ
  • 盗聴器発見機
  • 録音機

 

このあたりは録画や録音ができるので、証拠が残るストーカー・つきまといの対策としておすすめします。

 

防犯カメラは安いもので5,000円程度からあり、探せば案外手の届く価格で出ているものです。

 

しかしこれらは仕掛ける場所や録音録画のタイミングを図るのに相手の行動パターンなどを把握する必要があるため、素人にはなかなか難しい面もあります。


A子A子

色々見せてもらったけど、どれも一長一短って感じだね

B子B子

そう、防犯ブザーは人のいない所では無意味、スタンガンはまず買い方
が分からない、催涙スプレーは風向き加減がね……何より一人じゃ危険だし、カメラとか使い方分かんないし。
結局ストーカーの証拠をつかんで警察に突き出した方が早いのよ。

A子A子

え~でもさっき警察はおすすめしないって言ったじゃない……。

B子B子

それは「今すぐ」の話。証拠をつかむまでは下手に動くなってことよ。

A子A子

証拠をつかむ?でも自分じゃ危ない……あ、探偵を雇う!

B子B子

それいいかも!でも探偵ってつきまといとかやってる?
なんか浮気調査のイメージしかないけど?それとも証拠ってことは弁護士かな?ちょっと待って調べる。

 

 

【ストーカー・つきまとい対策、探偵社と弁護士どっちがいいの?】

ストーカーやつきまといの証拠をつかみたい。

 

 

探偵のほうが色々調べあげてくれそう?

 

 

弁護士は法律に訴えてくれるから確実に罪に問える?

 

 

結局どっちがいいのか、そもそもどうしたらいいのか分かりません。

 

 

そこでつきまとい対策を探偵と弁護士に依頼したときの双方のメリット・デメリットを調べました。

【弁護士に依頼するメリット・デメリット】

 

 

ストーカーの取り締まりは「ストーカー規制法」で定められた基準にそって行われます。つきまといや嫌がらせについて証拠があれば警察も動いてくれますが、警察は国家機関のため、基本的に「民事不介入」といって個人間のゴタゴタと思われるものには腰が重い傾向があります。また冤罪を防ぐ意味からも簡単に、いくら犯人であることが確実とはいえ、物的な証拠がない限り民間人のプライバシーを侵害したり逮捕するなどできません

 

 

その点、弁護士事務所は民間機関ですのでそういった規制がありません。さらに法律の専門家ですので、依頼者に有利に働く法の解釈をしてくれます。
ストーカー規制法の罰則には1年以下の懲役または100万円以下の罰金がありますが、警察だけの力では余程悪質でない限り罰金のみの刑になることが多いようです。これでは実際ストーカーは野放し状態です。
しかし弁護士の力があれば、法律の解釈によって依頼者の利益になるような話の進め方をしてくれます。あらゆる証言や物証からストーカーの犯行を重くとらえて、より悪質であるとアピールすることができます。さらに弁護士を同伴して警察に行くと、一人よりもより早く話が進むことがほとんどです。

これらをまとめると、メリットは以下の通りです。

  • 民間の機関なのですぐ動いてくれる
  • 依頼者に有利な法の解釈(犯人を重罰に導く)
  • 弁護士という威力のせいか、警察に話が通りやすい

しかし同時に、弁護士に依頼するデメリットもあります。

  • まず料金が高い

 

とにかくこれにつきるでしょう。一般的に弁護士にストーカーやつきまとい対策を依頼した際の料金相場は、依頼の詳しい内容や弁護士が調査などの際に使った経費など、追加料金の有無にもよりますが、平均的なところで内容証明書などの資料作成に5~7万円、弁護士による代理交渉に25~30万円かかると言われています。また刑事告訴になれば約30万円、民事訴訟では45万円ほど別途かかるとのことです。さらに事務所によっては事前に着手金を請求されることがあります。

 

犯人から慰謝料をもらうことでこれらの金額をまかなえることはありますが、それも保証されているわけではありません。安心のためなら約70万、安いと思う方には安いのでしょう。

 

その他のデメリットとしては、弁護士はあくまで法律が適用されることを証明するだけなので、ストーカーやつきまとい行為を働く犯人の素性や足取りを調べたりといったことはしませんし、被害に対して具体的な防犯アドバイスを出すわけではありません。

 

ストーカーやつきまといがどこの誰なのか分からない場合、事件が何らかの方向に動くまで、その正体が見えないまま、いつ来るか分からないメールや嫌がらせに怯えたままになってしまいます。

 

【探偵社に相談するメリット・デメリット】

ストーカーやつきまとい対策を弁護士に依頼すると法の適用のために素早く動いてくれ、警察につながるスピードも増します。これは相談者にとって事件が早く解決するメリットはありますが、いかんせん料金が高いし身辺調査がないので少し不安……そんな場合は探偵社に依頼することも考えてみましょう。

探偵社というと浮気調査や就職・結婚の際の身辺調査のイメージがありますが、その調査力はストーカーやつきまとい対策にこそフルに活かせるということで、近年ストーカーやつきまとい関連の仕事を請け負う探偵社が増えているようです。もちろんメリットは他にもありますが、まずは以下のようにあげてみましょう。

  • つきまといの身辺調査ができる
  • 嫌がらせなどの目的も把握できる
  • 盗聴機や隠しカメラのありかを調べてくれる
  • 防犯対策やグッズなどの情報提供
  • 警察や弁護士への橋渡しも可能

まず一番にあげられるのが「身辺調査」です。

ストーカーやつきまといは何も顔見知りや元恋人・夫婦や友人など関係の深い人がなるわけではありません。モデルや歌手、演劇やコスプレなど人前に出る職業や趣味を持っている場合、ファンだという人やイベントで出会った人がつきまといになることがあります。そういった場合、相手は遠距離からわざわざ嫌がらせのために通ってくるケースもあり、名前や素性、行動パターンなどを知るのは困難なことがあります。

また近年では、たまたま目についた人をターゲットにして、いかに多くの情報を引き出すか、いかにターゲットを嫌がらせるかをゲームとして独自に楽しんでいるタイプのストーカーやつきまといもいるようです。

そういった場合にはやはり探偵の出番となります。

 

警察は国家機関のため証拠がない、もしくは事件が起きてからでないと動けませんが、

 

探偵社は民間の機関なので、顧客の依頼と報酬さえあればすぐに動くことができます。

 

尾行や録音・録画など独自の調査によって、つきまといの氏名や住所などの個人情報はもちろん、

 

どのような足取りで被害者に近づいているか、普段の生活やストーキングの目的などあらゆる角度から犯人を調べあげることができるのです。もちろん記録されたものは証拠」として使えます。

また盗聴器や隠しカメラを探し当てることも昔からの探偵の仕事なので、専用の機械を使って自宅に隠しカメラなどのありかを見つけ、処分することも可能です。

さらに身辺調査によって犯人の行動パターンが読めているので、有効的な防犯カメラの仕掛け方や、防犯グッズの選び方・使い方もアドバイスしてくれることがあります。これはなかなか自分ではできないことです。

なぜなら、防犯カメラは犯人の通らない死角に設置しても全く意味がなく、防犯グッズも犯人の行動パターンによっては効果が薄いことがあるからです。カメラや防犯グッズは必ずしも完璧ではなく、犯人が毎日どこを通るか、具体的に何をするために、何のためにその行動をとるかがはっきりしていないと逆効果になることもあるのです。

さらに探偵社が強いのは、警察や弁護士への橋渡しになってくれることです。

 

これは何かを代行するというよりは、警察や弁護士に相談したけど一人では上手くいかない……という場合、

 

探偵が犯人の素性や目的、実際の犯行などを抑えた証拠を提出することで警察が動き、弁護士を交えた裁判や示談がより有利に進むというメリットです。

 

A子A子

すごーい!探偵すごい……
相手の正体も分かって防犯対策もしてくれてさらに証拠もつかんで警察も弁護士も動かせるんだ……

B子B子

いやだから待って。ほんとAってば単純なんだから。
そんな簡単にいい話を信じるから狙われるんだよ?っていうかもう犯人分かってるから。

A子A子

あ~もう思い出したくなかったCのことは……
それより!これって「うまい話」なの?確かに探偵って怪しいけど。

B子B子

そうじゃなくて!まだデメリット言ってないよ?探偵の。

A子A子

あ、そうだった?何?

B子B子

それはね……
【料金体制がまちまちで相場がよく分からない】だって。

A子A子

うわぁ~それこわくない?相場わかんないってやばいね。
後からなんとか代とか言ってすごい金額取られるパターンもあるしね。そもそもアルバイトでも払える金額なのかな?

B子B子

うーん、そんなに言うなら無料相談とか受けてみれば?

A子A子

そんなのあるの?

B子B子

わかんないけど。よくエステとかジムであるじゃない。
無料体験、無料カウンセリングみたいなの。
あ、あったよ。無料相談やってるとこ。今スマホで調べた。

B子B子

「原一探偵事務所」一番先に出てきた!
あとは「総合探偵社TS」匿名相談OKだって~
あ、ここも良さそう!「ISM調査事務所」5万円分無料とかすごくない?

A子A子

探すと結構あるんだね~こういうのも口コミサイトとかあるのかな?

B子B子

あ、あるある。とりあえずこれ見てみよう。浮気調査だけど。
「浮気探偵.com」とか「探偵見積り.com」とか、こっちは見積もりサイトかな?でも比較するのに便利だよね。

 

 

【探偵社3社比べてみました!】

A子とB子が色んなサイトを見ながら絞り込んだ探偵社。

 

それぞれ得意分野や特色があり、口コミもさまざま。

 

なかには浮気調査で知られる会社もありましたが、いずれも相談は無料。まずは比較結果を見てみましょう。

【原一探偵事務所】

インターネットで検索すると真っ先に出てくるほど名の知れた探偵社です。

こちらは調査実績43年、調査件数10万件以上という業界のベテラン。

その経験と、経験におごらない最新の調査機材を使った誠実な調査ぶりが評判のようです。

調査機材に限らず、特殊カメラや長距離の調査にも対応できる複数の車両があったりと、その場に即した調査ができそう。

また公式サイトを見る限りでは社員数も40人ほどいるようです。もちろん彼らが探偵とは限りませんが、人手不足で調査に手が回らない……なんてことになったら本末転倒です。


それでは実際の口コミはどうでしょうか。
【高評価】

  • 「しっかりと証拠を押さえてくれた上に、メンタル面でもケアしてくれた」
  • 「弁護士事務所のような堅実なオフィスで安心できた」
  • 「ここは違法な調査を全くしないので安全です」
  • 「電話には女性が出てくれるので話しにくさがなかった」
  • 「信頼度・料金ともに二重丸」
  • 「事前にネットを調べたけど叩かれてなかった」
  • 「最初の見積もりから大きく変動がなかった」

【悪評価】

  • 「知名度があっても探偵業に対して釈然としない気持ちはある」
  • 「全体で最低で12万、これは初回で運良く証拠が出た場合」
  • 「実際には数回の調査が必要なのでもっとかかることも」

【得意分野・特色】

  • 浮気調査、トーカーやつきまとい対策から高齢者の見守りまで幅広く対応
  • 調査結果は一冊の冊子にまとまるほどの情報量
  • 無料相談などのサポートがしっかりしている
  • 弁護士とのつながりが強い

 

顔がはっきりと映る証拠写真や、ターゲットの動向を詳細な文章にまとめて冊子にしたものを依頼者に手渡されるのが信頼できる感じがします。

 

これだけ情報があればストーカーやつきまといの証拠としても十分ではないでしょうか。

 

原一探偵事務所は北海道から九州まで全国に17の事務所があるので、全国的な対応ができるのも安心できます。

また事前に見積もりをしてくれ、料金設定も浮気調査が12万円程度と割とはっきりしていることも分かりやすくていいでしょう。

 

さらに24時間メールや電話での無料相談を受け付けているのも利用しやすいのではないでしょうか。

しかもこのご時勢に、ネットで調べても悪評が出てこないとはすごい話です。

 

 

 

【総合探偵社TS】

こちらも実績の多い探偵社です。

一番の特徴は時間単位での調査を受け付けているところでしょうか。一般的な身辺調査は一日単位でじっくり取り組むものですが、浮気調査などで相手の素性や行動パターンをつかめていた場合、その分だけ時間短縮できるので料金が安く抑えられるというメリットがあります。

それではこちらも口コミを見てみましょう。
【高評価】

  • 「問い合わせの対応がきめ細かい。折り返し電話もすぐに来た」
  • 「こちらの負担にならないように、無駄のない調査方法を提案してくれた」
  • 「離婚へのサポート体制があってびっくりした」
  • 「カウンセラーもいるらしくてメンタル面でも安心ですね」
  • 「料金体制を項目ごとに細かく教えてくれる」
  • 「相談の時に話をさえぎることなく共感してくれた」

【悪評価】

  • 「電話やメールだけのやりとりが多くて少し不安だった」
  • 「探偵の協会?に入っていないと聞きました」

【得意分野・特色】

  • 分かりやすい料金設定と時間料金
  • 浮気調査が以来の7割を占める
  • 離婚、復縁へのサポートがありカウンセラーも常駐

なんといっても総合探偵社TSの売りは「時間ごとの料金設定」でしょう。

 

これが依頼人がある程度ターゲットのことを知っていたり、行動パターンが読めていたり、調べて分かっていることがあればその分だけ調査にかける時間が少なく済むので料金が安く抑えられます。1時間の料金は15,600円で、金額に調査人員や車両代などが別途上乗せされるようですが、会社側からは料金を安く抑えるためのアドバイスもあるなど良心的です。

 

また、調査だけでなく離婚や復縁などのサポートがあったり、専門のカウンセラーが相談に乗るなど、離婚後の生活やメンタル面での不安を和らげてくれる配慮がされているのも大きな魅力だと思います。

【ISM調査事務所】

ISM(イズム)調査事務所も浮気調査に強い会社ではあります。ただこちらは東京、神奈川、埼玉、千葉の関東圏を対象地域としており、その他の地域は受け付けてはいますが、あまりに遠方だと探偵の移動費なども請求されることもあるため、実際には「要相談」といったところでしょう。それでは早速口コミをチェックしてみます。
【高評価】

  • 「予算内での調査が可能」
  • 「お金をかけたくない人にはお勧めです」
  • 「5万円分まで無料なのでありがたい」
  • 「サポートがしっかりしているので有利に離婚できました」
  • 「結婚前の身辺調査にも対応できる」

【悪評価】

  • 「電話の対応が丁寧じゃなかった」
  • 「料金の話をすると対応が雑になった」
  • 「途中経過の報告がなかった」

【得意分野・特色】

  • 関東圏を中心とする地域密着型
  • 中小規模だからこそできるきめ細かいサービス
  • 浮気調査と離婚についてのアドバイスができる
  • 自社の探偵学校がある

ISM調査事務所は関東圏を中心とする「地域密着型」の探偵事務所です。

 

会社の規模も先の2社ほど大きくはありません。地域密着といっても全国にISM調査事務所と同じレベルの調査機関があり、全国的な対応もできるのが特色です。(料金体制について、探偵社によっては遠方の交通費などがかさんで高額になるケースもあります。まずは無料相談をお勧めします)

 

またISM調査事務所は自社の探偵学校があり、社員の教育体制がしっかりしているのも大きなポイントです。

 

A子A子

探偵社にも色々あるんだね~でも浮気調査が多いね……

B子B子

やっぱりそういう依頼が多いんだよ、きっと。
でも浮気調査がしっかりできるって現場や証拠を押さえられるってことでしょ?私はこの「原一探偵事務所」とかいいと思う。実績ありそうだし、それにここ「弁護士協会特約店」って書いてるよ。

A子A子

何それ?

B子B子

えーと「裁判で使う証拠をとるのに弁護士から依頼がある」
探偵事務所の証明みたいなものだって。日本では数少ないみたい。

A子A子

そうなんだ~でも料金高いのは気になるなぁ。

B子B子

やっぱりここは無料相談と見積もりサイトで比べてみることだね。
見積もりサイトにも審査に通った探偵社だけが加盟できるサイトとか、見積もり予約を断りたいときに代理で断ってくれるサービスとか、こっちも色んなサイトがあるみたいだよ。

A子A子

ほんとだ~けっこうあるね。
つきまといに対して何していいか分かんなくてただ怖かったけど、これだけ色んな手段があればもう少し頑張れるかも……
あと、相談とか調査って自分の思い過ごしとか、大した被害じゃなくてもいいんだよね……?
ほら、「彼が浮気していると思ってたけど結婚を控えて仕事に打ち込んでただけでした」とか、「つきまといに遭って怖かったけど迷惑メールだけで済みました」とか口コミにも書いてるし。

B子B子

そうだよ!一人で抱えてないでまずは相談!
Aちゃんもこうして色んなグッズとか法律とかあることがわかったでしょ?
でもやっぱり最終的には警察と弁護士に何とかしてもらうのが確実で安全だから、そのためにはストーカーやつきまといの証拠をとらえないとね。

A子A子

うん!それにはまず証拠をつかめて弁護士からも信頼されるような、
ちゃんとした探偵社に依頼することが大事なんだね~
Bちゃんありがとう!私これから無料相談してみるね!


【つきまとい対策についてのまとめ】

 

ここまでストーカーやつきまといの特徴や警察、弁護士に相談することのメリット・デメリットを書いてきました。また防犯グッズについても紹介しています。ストーカーやつきまとい対策で確実なのは警察と弁護士が動くことです。それにはまず犯行の証拠をしっかりと押さえる必要がありますが、素人には難しく危険も伴うものです。そこでまず実績と実力のある探偵社に相談することをお勧めします。

 

さらにストーカーやつきまといに情報をつかまれたり、行為をエスカレートさせないために毎日決まったルート・パターンで行動しない、個人情報を拾われないためにゴミ捨てのルールを守る、暗い夜道を一人で歩かない、単独行動は避ける……などの自衛策も必要です。

 

ストーカーにつきまとわれている生活は生きた心地がしない、苦しいものです。しかし必ず解決策はあります。決して一人で悩まずに、また相談したという証拠をとるためにも必ず信頼できる人に相談しましょう。
警察や、探偵社の無料相談もですが、弁護士に相談するなら「法テラス」などの窓口もあります。ストーカー対策の手段は一つではありません。あなたを助けようとする人は確実にいると知ることが大切です。